人はそれを歴女という。

もうすぐ死ぬとしたら、なにがしたい?と自分に聞いてみた。日本史が勉強したい。というので、マイペースに勉強しております。

江戸の町人の暮らし〜江戸東京博物館レポ②〜

江戸東京博物館の良いところは、体験するものがたくさんあるところである。当時、公共機関は、電車や車などもなく、当然エスカレーターもないわけで、そりゃあ私たちより江戸町人は、遥かに健脚だったであろう。食事は、一部裕福な層を除いては、質素な食生活だったわけだが、体力仕事も多い当時、どのくらい筋肉ムキムキだったかが気になるところだ。


ウンチを運んでみよう!


江戸はリサイクル社会と言われる。糞尿もリサイクルしていたのは有名な話だ。もちろん、バキュームカーなんてものは存在しない。人間の力で運ぶのである。それが、肥桶(こえおけ)だ。26キロもあるらしい。さぁ、早速ウンチを運んでみようではないか。




肥桶の重さを噛みしめる。完全にウンチ運び屋になりきっています。





そんなことより、 重すぎて肩いかれる。



臭さと重さがダブルパンチの過酷な業務である。ちなみに、桶の中は茶色の物体がちゃんとはいっていた。深川資料館といい、江戸東京博物館といい、芸が大変細かい。さすが日本人である。



次は、火消しになってみよう!



江戸の花形といえば、火消しである。いや、現代でもやはり、消防士というのはカッコいい。今も昔も命がけの危険な職業のひとつだ。

火消しは、

1.大名火消し
江戸城や自分の家の消火をする

2.定火消し
江戸城の消火を一番の目的とする武家の火消し

3.町火消し
市民自身による火消し、吉宗の頃に誕生

の3つがある。江戸の町を知り尽くした若い男性で構成された町火消しは、最も江戸市民が頼りにしていた火消しだ。火消しで、若い男性というだけで、3割増しだ。今で言う3代目 J Soul Brothers みたいなもんだ。イケメンで踊れると付加価値がつく。わかくて、火消しでもきっと同じ。
さて、 J Soul もとい、町火消したちは、各々旗印をもつ。それが、纏(まとい)である。さぁ、カッコいい火消しになってみよう!!







あれ。



おわかりいただけただろうか、首の方向がおかしいのである。








重すぎて首いかれる。


わかりましたか?こんな物を持って歩く奴は尋常じゃない。まず、棒1本でもつのに、やたら上の方が重い。バランスが悪すぎる。振り回されて大変だ。今後江戸東京博物館でこれをやる方、首、腕、背中に注意である。



お金持ちになれる!

さて、苦しい重さばかりでは辛いもので、楽しい重さも味わってみようではないか。千両箱も体験出来る。



わっひょーい〜金持ちじゃ〜〜


この日、財布に2千円だった私には夢のような重さだ!

体験は出来ないが、二八蕎麦の屋台もある。

これも、スープやら、麺やら、皿やら色々積んでいたらしいから、相当な重さであろう。尚、二八とは、つなぎの小麦粉が2、蕎麦粉が8という意味という説と、当時の値段が16文、2×8で16という意味と諸説あるよう。

1文が、かなり変動し、12円から40円くらいまで幅があるため、まぁそれでも、500円もあれば食べられるってことで、この日2千円所持の私でも食べられる優しいフードである。


江戸町人の普段の食事

今と比べたら大変質素な食事で脚気も多かったというが、屋台のファーストフードは、そんな中、江戸町人の楽しみの一つであったには違いない。 鮮度はどうなのか気になる寿司の屋台。

江戸グルメもそのうち作ってみるか。